無料転職サポート申込
メニュー

株式会社スターキャリア

群馬専門の紹介会社
転職サポート活用事例

すでに退職していたことが有利に!

女性
  • 27歳・女性
  • 前職:経理職
  • 転職後:経理職
プロフィール

浜田さん(仮名)。前職は、とある群馬の企業にて経理の職務に従事していました。転職活動はしたいものの、多忙のため、応募してもすぐに面接に行くための有休を取れないことを苦慮していました。検討の結果、先に退職してから転職活動を進めることを決意しました。ただ、応募先企業を選定して、応募(書類提出)までは在職中に行なうことをアドバイスしました。

「離職中」が有利になったケース

転職活動は在職中に行う人が大半です。

それは経済的な理由(収入が途絶えるのはキツイ)もあるでしょうし、一般的にも「辞める前に転職活動しましょう」と言われています。

ただし、すぐに入社が可能な「離職中」の人の方が有利になる場合もあります。今回もそんなケースでした。

応募時は在職中、最終面接時は離職中

浜田さんが応募した求人は、欠員補充による経理職の募集です。退職する社員は2ヶ月後には退職日を迎えます。

企業側の希望では、ひと月分の業務の流れを経験して欲しいため、引継ぎ期間を1ヶ月は設けたいとお考えです。そのため早期の入社を望んでいます。

経理職は人気もあり、一定以上の応募があったご様子です。

最終的に、浜田さんを含め3名の方が候補に残りました。浜田さん以外は在職中で、入社までに2か月ほど時間が掛かる状況でした。

浜田さんは「応募時は在職中」でしたが、面接日の前に退職し「最終面接時は離職中」でした。

結果的に、企業が求めるキャリアを持っており、かつ早期の入社が可能な浜田さんに内定が出ました。

企業の選考過程では、『経験、人柄、志向、希望条件、そして入社までの日数』など、さまざまな角度で判断しています。

このように「離職中=早期に入社可能」が有利に作用するケースもあります。

お申込み後に、ご経験やご希望をふまえ非公開求人を含めてご案内します

ページトップへ戻る